WiMAX 遅い

よくある手口に要注意

危険

私は有料ポケットWiFiサービスの中で最も優れているものはコスパやクオリティを考えた上でWiMAXだと考えています。

 

しかし、実際に使っている全国のユーザーの中には、「WiMAXが思っていたものと違った。」という理由から違約金を支払ってでも解約する人がいます。では、なぜそういった現象が起きるのでしょうか?

 

答えはとても単純でした。

WiMAXの誇張表現に問題がある

疑問

WiMAXの公式サイトでは「無制限で使える」と書かれています。また、「月々の料金が2,000円程度のキャンペーンをおこなっている」という表記や、「最大で下り2.7Gbps出せる」という表記を見受けられました。おそらく、これらのような文言を100%真に受けて契約をし、後日、実際とは違った実情を知ることになったのだと考えられます。

 

実際のところ、WiMAXは一切制限無しに使えるわけではありませんし、毎月の利用料金に関しても最初の三か月間はキャンペーン期間のため安くなっているがそれ以降は本来の正規価格に変わりますし、下り最大2.7Gbpsというのも嘘ではありませんが、平均回線速度はそんなにも出ません。あくまでも最大です。

 

端的に言えば、著しく誤解を招きやすい表記をして集客行為をおこなっている運営側に問題があると言って良いでしょう。これに関しては携帯電話の大手キャリアと似ていますね。小さな文字でツラツラとページの一番下に記載しておけば良いというものではないのです。注釈をよく読めと言われればそれまでですが、悪質であることに変わりありません。

 

WiMAXの実態はどうか?

回線速度の実態とは

下記にBroad WiMAXの場合の実態を簡潔にまとめました。

3つの主要項目 ギガ放題プラスDXプランの詳細
料金

利用開始月と翌月は月2,090円
3か月目〜3年までは月3,894円
それ以降は月4,708円

回線

2022年1月23日現在
直近3カ月の平均ダウンロード速度は48.62Mbps

規制 3日間のデータ通信量が15GBを越えた場合、翌日の夜間帯に下り最大1Mbpsにされる規制あり

このように、よく注意して読んだり、自分でインターネットを駆使して調査をするだけで本当のWiMAXの姿というものが見えてきます。

 

料金に関しては公式サイトをきちんと読んでいれば誰でも分かることでしょう。しかし平均的な回線速度に関しては、大半の人は調べようがありません。そのため、公式サイトの最大○○Gbpsという数字を見てそれを盲信してしまう気持ちは良く分かります。

 

規制の部分に関しては、料金よりも小さく書いてありますので、プロバイダの公式ページの隅々まで目を光らせていないと目に入らなくてもおかしくありません。

フリーWiFiの平均回線速度はどう?

カフェ

次に、無料で利用できるフリーWiFiスポットで使える回線の平均速度を調査してみましたので、そちらをご覧ください。WiMAXに比べるとデータを提出している人の数が少ないため、正確性に欠ける部分があるかもしれませんが、なるべく情報の多い例を挙げてみます。

ファミリーマート FREE Wi-Fi
料金 無料
回線

2022年1月23日時点
測定件数: 417件
平均Ping値: 26.39ms
平均ダウンロード速度: 29.98Mbps

規制

会員登録後に1回の接続につき最大60分間のみ使用可
これを1日に最大で3回活用できる。合計で最大3時間

スターバックス Free Wi-Fi
料金 無料
回線

2022年1月23日時点
測定件数: 246件
平均Ping値: 32.09ms
平均ダウンロード速度: 43.86Mbps

規制

利用規約に同意すれば1時間使用可
会員登録後は無制限で使用可

東京メトロフリーWi-Fi
料金 無料
回線

2022年1月23日時点
測定件数: 182件
平均Ping値: 33.78ms
平均ダウンロード速度: 63.7Mbps

規制

連続接続可能時間は3時間まで
ただし回数は無制限

 

さて、いかがでしょうか。フリーWiFiスポットも決して舐めてはいけません。もちろん、限られた場所でしか使えないという最大のデメリットがあるものの、無料で利用できるということを鑑みれば十分に優秀なサービスであると言わざるを得ません。回線速度自体はどこのフリーWiFiかによって変わってきますが、現代で最も主流となっている動画コンテンツを楽しむために必要最低限のスペックは持ち合わせていると言って良いでしょう。

 

一方でWiMAXはというと、やはりお金を支払っている分、全国各地のエリアでネットに接続できるという強みがありますし、規制の内容に関しても、多くのフリーWiFiスポットと比較し圧倒的に緩いです。スターバックスなどの喫茶店ではたしかに無制限でネットに繋げることもできますが、本当にお客さんが営業時間丸々1日席を取ってインターネットに接続し続け動画を見るという行為はまず不可能でしょうし、お店を出禁になってしまうことは避けられません。

 

このように、フリーWiFiスポットにはフリーWiFiスポットの長所と短所がありますし、WiMAXなどの有料モバイルルーターサービスにはお金を支払うだけの価値があるのです。

 

一概に回線速度だけを見て判断するのでなく、もっと日常生活の中で一体どれだけ役に立つのかという視点で物事を考えた方が客観的と言えるのではないでしょうか。ただ、それでもWiMAXに毎月料金を支払いだけの価値がないと判断されるのであれば、それはその人の自由です。

page top